上海で中国語 格安・安心短期プチ留学なら 日本人経営の安心中国語スクール上海ELCにお任せ!

上海プチ留学(2泊3日からの超短期中国語留学)HSK対策コース・ビジネス中国語を学ぶなら漢院・ELCに

「 留学体験者インタビュー 」 一覧

漢院通学が楽しいです、中国語学ぶ楽しさも覚えました!

■自己紹介

大友实香

33歳 女性 主婦

中国生活歴 1.5ヶ月

漢院通学歴 三週間 全日制クラス

中国語レベル 初級+α

■中国語の勉強を始めたキッカケ

主人の仕事で上海に住むことになってので、数年後帰国したとき仕事に生かしたいので

 

漢院に通学しよう!と決めたポイントは?

内容がわかりやすかった、スタッフの方、先生の方が話しやすかった。グループレッスンとマンツーマンに使い分けができたので。

 

■担当の教師、スタッフについて一言、温かいお言葉を!

毎回とてもわかりやすいです。通学楽しいです、中国語学ぶ楽しさも覚えました!

 

■学校の雰囲気、施設で自慢できる点ってどこですか?

皆さん話しやすい 内容はしっかりしているけれど、堅苦しくなく、すぐ時間がたってしまうところ。

 

■何かあればご自由に一言!よろしければ先輩から一言。今から学校に通われる人に激励を!

これからも楽しみです、一度もう一つの校舎にも行ってみたいです。

上海漢院で中国語短期留学しました、良い先生ばかりで嬉しいです。

06

■自己紹介

濱元宏子

女性 会社員

中国生活歴 無し

漢院通学歴 2015年5月短期と年末コース

中国語レベル 中級

 

■中国語の勉強を始めたキッカケ

大学で中国の歴史を学んでいたため。

 

漢院に通学しよう!と決めたポイントは?

ELCから紹介いただきました。

 

■担当の教師、スタッフについて一言、温かいお言葉を!

良い先生ばかりで嬉しいです。

真面目で能力が高くて素晴らしいです。

■学校の雰囲気、施設で自慢できる点ってどこですか?

建物がとてもきれいで、場所もとても良いところ。

 

■何かあればご自由に一言!よろしければ先輩から一言。今から学校に通われる人に激励を!

本当に優秀な先生ばかりでここで学べば、必ず力がつくと思います。

 

上海中国語学校漢院は授業と、授業以外のことも対応してくれる

 

20150718_104310

左は原様

お名前:原知之

年齢:31

性別:男性

ご職業:会社員

中国生活歴:1年7ヶ月

漢院通学歴:1年6ヶ月

学校イベント参加回数:今回は4回目

中国語レベル(自己評価で♪):10段階中3

 

漢院に通学しよう!と決めたポイントは?

会社が近かったから。時間に融通がきくから。

 

学校の雰囲気、施設で自慢できる点はどこですか?

建物がきれい。コーヒーが自由に飲める。

 

今回の課外授業で一番良いところはどこですか?

老師としゃべる時間が時間が普段より長いこと。

言葉の問題で自分では行きにくい所に行けること。

 

これから参加したいイベントはどれですか?(複数可)

㋹課外授業

㋹季節の行事(元宵節、端午節、中秋節など)

中国文化講座(中国茶、中国結、書道、水墨画など)

㋹学生交流会(BBQ、ビール祭り、上海蟹パーティー、クリスマスパーティーなど)

 

担当の教師、スタッフについて一言、温かいお言葉を!

二日間お疲れ様でした!手配や案内など大変だったかと思います。おかげ様で、大変楽しかったです。次の課外授業にも期待しています。

 

何かあればご自由に一言!よろしければ先輩から、これから学校に通われる人に激励のメッセージを!

漢院は授業と、授業以外のことも対応してくれるとても生徒に優しい学校だと思います。

上海漢院中国語学校の施設・環境が良い!

 

SONY DSC

左は山本様

お名前:山本義雄

年齢:64

性別:男

職業:無職

中国生活歴:23年

漢院通学歴:7年

学校イベント参加回数:今回は13回目

中国語レベル(自己評価で♪):普通

 

漢院に通学しよう!と決めたポイントは?

自由な雰囲気。

 

学校の雰囲気、施設で自慢できる点はどこですか?

学校の施設・環境が良い。

 

今回の課外授業で一番良いところはどこですか?

全参加者に対しての配慮が良くなされていた。

 

これから参加したいイベントはどれですか?(複数可)

㋹課外授業

季節の行事(元宵節、端午節、中秋節など)

中国文化講座(中国茶、中国結、書道、水墨画など)

学生交流会(BBQ、ビール祭り、上海蟹パーティー、クリスマスパーティーなど)

 

担当の教師、スタッフについて一言、温かいお言葉を!

久しぶりに漢院に戻ってきましたが、相変わらずあたたかく受け入れていただき感謝します。

 

何かあればご自由に一言!よろしければ先輩から、これから学校に通われる人に激励のメッセージを!

今後も永く続き、また戻ってきたい漢院であり続けて欲しい。

漢院は中国語先生のレベルが高い

图片22.jpg

(右二は村山様 右三は漆戸様)

 

■自己紹介

名前: 村山 哲也

性別: 男性

年齢: 30歳

ご職業: 会社員(製造業)

中国生活歴:なし

通学歴: なし

中国語レベル(自己評価で♪): 初級~中級

 

■中国語の勉強を始めたキッカケ

今年7月から1年間深センの関係会社で仕事をする事になったため。

 

■漢院に通学しよう!と決めたポイントは?

GWに集中して勉強するコースがあったため。

 

■担当の教師、スタッフについて一言、温かいお言葉を!

王老師、姜老師、大変ありがとうございました。来たばかりの時に比べて、会話力は少し伸びたと思います。

お二人ともとても教えるのが上手でおどろきました。 再见!

 

■学校の雰囲気、施設で自慢できる点ってどこですか?

.学校がすごくおしゃれ

.先生のレベルが高い

.おいしいコーヒーが飲める

 

■ご自身の中国語の目標を!

.HSK6級

.仕事で使える程度の中国語

 

■何かあればご自由に一言!よろしいければ先輩から一言。今から学校に通われる人に激励を!

中国語難しいですが、一緒にがんばりましょう!加油!!

  


 

■自己紹介

名前: 漆戸さゆき

性別: 女性

年齢: 56歳

ご職業: 会社役員

中国生活歴:なし

通学歴: なし

中国語レベル(自己評価で♪): 初級+α

 

■中国語の勉強を始めたキッカケ

台湾に居る友人と日常会話にならない状態だったので、

もう少し何とかしたいと思いました。

 

■漢院に通学しよう!と決めたポイントは?

学費の安さ。中国は始めてだったので、上海ならと思いました。

 

■担当の教師、スタッフについて一言、温かいお言葉を!

皆様ありがとう、感謝してます。王老師、姜老師本当にお世話になりました!

 

■学校の雰囲気、施設で自慢できる点ってどこですか?

建物がキレイ。飲物が自由に飲める。パーティも良かったです。

 

■ご自身の中国語の目標を!

政治、経済の内容を話せるようになりたい。

 

■何かあればご自由に一言!よろしいければ先輩から一言。今から学校に通われる人に激励を!

日本での生活、仕事に飽き足らない人は是非漢院へ。もう一人の自分を発見できます。(新しい)

 

漢院は私の上海生活に欠かすことのできない重要な場所となった

2.jpg

とにもかくにも居心地がいい―。漢院を形容するとこの一言に尽きるのではないだろうか。言語、文化学習にとどまらず、日常生活や中国国内旅行の相談などに笑顔で対応してくれる老師達、要望に沿った臨機応援な授業内容、多種多様なイベント(あまり参加できなかったが…)、そして勿論無料のコーヒーとウーロン茶。昨年4月に通い始めて以降、すぐに漢院は私の上海生活に欠かすことのできない重要な場所となった。
昨年2月、会社の語学研修制度を利用して上海に。30歳を過ぎて再び大学へ通い、キャンパスライフを過ごすことになった。大学の授業は月、火、木曜日以外は、午前のみ。中国語学習はほぼゼロからスタートだった自身をもっと中国語漬けにしたいと思い、フリーペーパーで語学学校を探した。「どの語学学校もそう変わらないだろう」。大学から一番近く、通いやすいという極めて単純な理由で漢院中山校に飛び込んだ。
中国語学習の目的を伝え、レベルチェックを経ていざ授業開始。基礎的な文法に始まり、日本人にとって最も難しいといえる発音の矯正などに取り組んだ。中山校はビルの一室にあり、こぢんまりとしていて、個人差はあるだろうが私にとっては集中できる環境。老師達も皆フレンドリーで、「話す」「聞く」の能力向上にはもってこいの場所で、授業以外の何気ないおしゃべりの中からも最新の流行事情や歴史、日中の習慣の違いなど、「生の声」を通して文化への理解を深めることもできた。
数カ月の基礎学習を終えると、私の希望でインターネットネット上の新聞記事や動画ニュースを教材にした授業に移行。上海福喜食品の期限切れ鶏肉混入事件といった最新の時事ネタに加え、世相を反映した話題モノなどこちらを飽きさせず、単なる中国語学習に陥らないようなテーマを厳選する老師たちの心遣いが大変ありがたい。テーマに絡んだ脱線気味の質問にも懇切丁寧に答えてくれる。こうして知り得た情報は学校外に出てからも役に立つもので、一般の中国人との会話の材料として大いに利用させてもらった。カリキュラムを個々人に合わせてカスタマイズし、学習意欲をかき立て去ることができるのは漢院のすばらしいところで、飽きっぽい性格の私は大いに助かった。
また、HSK6級取得を目指した2か月間の短期集中講座では、担任老師がヘトヘトになる私を叱咤激励しながら、オリジナルテキストを使って粘り強く指導。私自身も試験に落ちて老師の顔に泥を塗ることはできないと感じ始め、必死で勉強した結果、11月の試験で合格し、1年以内に取得するという当初の目標を達成し、無事に会社への〝手土産〟獲得に成功した。12月の試験ではさらにスコアを伸ばすことができ、担任老師の面子も保つことができたのではないだろうか(笑)。
不動産探しや旅行といった日常生活の中でも随分とお世話になった。特に感謝しているのが昨年夏のチベット自治区旅行の際。高山病に効果を発揮するという漢方薬「紅景天」を旅行前に勧められ、効能について半信半疑だったが購入し持参した。移動手段の青海省・西寧からラサへ向かう青蔵鉄道は標高5千㍍を越える地点も通過。列車内で一時頭痛や嘔吐など高山病の症状に苦しんだが、紅景天を飲んでどうにか乗り切り、ラサへの到着時には体調は完全に回復。高山病に苦しめられることなく旅行を満喫できた。周囲の中国人旅行客も一様に紅景天を持参して対処しており、もしこの漢方がなければどんな悲惨な目に遭っていたのかと想像すると、今でもぞっとする。
このほか漢院では、カラオケレッスンなど特別クラスや毎週日曜日のバドミントンに加え、定期的に開催される旅行やウォーキング大会、上海蟹パーティなど様々なイベントが年間を通して目白押しだ。私自身はあまり参加できなかったが、イベントは他校の老師や学生の皆さんと知り合え、仕事の枠を越えた人間関係を築くよい機会。単なる語学学校にとどまらず、交流のハブという重要な役割を担っているのが漢院の最大の特徴なのではないだろうか。
1月末までの通学期間中、漢院を公私共々大いに活用したおかげで、上海生活がより充実したものになったと感じている。上海のセカンドハウスのような感覚を持ち、授業以外の時間に自習へ行き質問を投げかけることも多々あった。学校前の店舗へ老師達と一緒に蘭州拉麺へ買い出し行き、昼食や夕食を共にしたのはいい思い出だ。漢院は懐の深い語学学校。どんな要望にも笑顔で応えてくれる老師達がそこにはいた。「ありがとう漢院。そしてこれからもよろしくお願いします。」日本へ帰国後、中国語が聞こえてくるたびに学習意欲が沸いてくる自分がいる。漢院との関係は今後、スカイプを通じて続けるつもりだ。

私にとっての漢院とは 上海生活の不安を応援しました!

uさん-上海生活歴3年.jpg

Uさん、上海生活歴3年
2012年8月末、企業派遣の語学研修生として虹橋空港に降り立った私は、直後のタクシーで早速大きな壁にぶつかりました。目的地である復旦大学の場所が全くタクシーの運転手に伝わらず、更に逆に運転手からの質問の内容が全く聞きとれない始末。助手席に座り地図を指で指しながらなんとか目的地にたどり着いたのを今でも鮮明に覚えています。中国に来る前に日本で少し中国語の基礎を勉強してきた若干の自信と新しい生活への期待感が一瞬で打ち崩され、これからの上海での生活が急に不安になった瞬間でした。
 9月に入り復旦大学で中国語の授業が始まりましたが、ここでも問題は続きました。私が所属していた中国語のクラスは、ひとクラスあたりの人数が25人と多く、さらになんとそのうち半分弱が日本人。他のクラスメートも留学生のみで構成されております。そうなると当たり前のようにネイティブスピーカーと中国語で会話をする機会がほとんどなく、「このままでは上海の現地法人で働く半年後には、中国語を使って仕事が出来るレベルまで到達しない」と焦りを感じ始めました。また大学生がアルバイトで教師として中国語を教えているような授業もあり、お世辞にも授業の質が高いとは言えるレベルではありませんでした。
<br>
 このままではまずい!と思った私は、復旦大学の授業の後の時間を利用してスピーキングの練習が出来ないかと思い以前駐在していた会社の先輩に“漢院”を紹介してもらい、早速学校を訪問。旧フランス租界に佇む老房子の素敵な校舎に、ここで授業を受けるのかと勝手にテンションがあがってました。最初の漢院の先生との面談で、“会話をする機会が少ない”“半年後までに仕事でどうにか中国人と意思疎通ができるレベルまでもっていきたい”と現在の学習状況の問題点と目標を学校に伝えると、私にあった学習カリキュラムを組んでもらいました。
まずは早く自信をもって中国語を聞き取れるようになるように先生を固定してもらい、同じ先生によるマンツーマンの授業を週3回ほど復旦大学の授業後に受講。地方によって訛りや発音に大きな特徴がでてくる中国語において、同じ先生の中国語の発音を継続して繰り返し聴くことは初心者の私にとっては非常に効果的だったようで、何となくではありますが相手の言っていることが分かってきました。特定な人が言っていることがわかってくると、自信と語学力を学ぶモチベーションにもつながり、スピーキングの練習にも力が入ってきます。復旦大学の授業中はなかなか中国語を話す機会がないのに対し、漢院は授業時間のうち半分以上は私が会話を中心に授業が進行していきました。またマンツーマンであるため、文法や単語の間違えを即座に指示してくれるのと同時に、大学の授業ではなかなか細かく指導してくれない四声や発音の仕方など、復旦大学の中国語の大学生の先生と比べても、細かい指導が行きわたっており、しっかりとトレーニングや経験を積むと教え方にこんなにも違いがあるのかと感じたことを覚えております。
漢院の授業で特に有難かったのは、私が勉強したい内容や要望を伝えると学校がすぐに授業に反映してくれたり、逆にこういた学習の仕方がいいと提案してくれたりと、私の学習状況に応じて適した学習方法を常に追求してくれるところです。
例えば、とにかく“話せる=カッコいい”と信じてやまなかった当時私は、もっと中国語で自分の言いたいことが相手に伝えられるようにスピーキングに力を入れたいと要望すると、次の授業から、毎回異なるテーマを決めて3分間スピーチの練習が授業の冒頭に導入されました。また授業にくるものの、あまり真面目に復習をしない私の性格がバレてくると、毎回授業中に単語の復習テストを行うなど、私の性格とモチベーションの状況を考慮しながら飽きさせないよう工夫して授業を準備してくれました。
このような感じで復旦大学と漢院で並行して学習しはじめて3か月後にはある日突然日常でも何となく相手が言ってることが聞き取れるようになりました。またスピーキングのほうも漢院のマンツーマンの授業の成果か、簡単な言葉であればどうにか会話ができるようになり、そこから上海生活が急に楽しくなったのを覚えています。
 漢院の良いところは授業の内容だけではありません。その老房子と先生と生徒が作り出す居心地の良さもお勧めの一つです。1階のロビーは自習する学生、学生同士雑談をする人、先生と中国語で会話をする人、用事がないのにただ来てかまってくれる相手を探している人(←私)など多くの人で賑わっています。当時上海に知り合いがいなかった私は、漢院が定期的に開催している季節ごとイベントを通して、漢院に通う日本人や外国人の友達ができたのも大きな心の支えになりました。また営業妨害だと学校側に思われているかもしれませんが、授業終わった後もこのロビーで飲み放題のドリンクを片手に先生を捕まえては中国語で会話をしたり、自習をしたりと授業以外でも色々とお邪魔しています。
 このようにモノ覚えが悪い私相手に漢院の先生が試行錯誤しながら根気強く中国語学習の面倒をみてくれたこともあり、中国に来て半年後にはなんとか中国人スタッフやお客さんと簡単な中国語でコミュニケーションとれるレベルになることができました。これは今振り返っても、復旦大学の中国語の授業ではなくて、漢院でのマンツーマンの授業の効果がかなり大きかったと感じています。また上海にきて半年をすこし経過したころには目標にしていたHSK6級とHSK口語(高級)に運よく合格することが出来ました。
今もまだ学習レベルに応じた授業内容の試行錯誤は続いています。多少相手が言ってることが分かるようになってからは、先生を固定することなく色々な出身の先生の中国語を聞き取れるように毎回授業ごとに先生を変えてもらい、色々なイントネーションの中国語でも聞き取れるように耳を慣れさせています。またとある会で中国語でのMCをやることになった際、原稿の添削や発音のチェックをしてもらうなど、中国語の授業はもちろんその時の状況に応じて多岐にわたる指導をしてくれます。もはや“漢院”は、私にとって中国で生活や仕事をしていく上で、頼りになる相談役かつ心の拠り所であり、もはやただの語学学校ではなく、それ以上の存在になっています。

6ヶ月でゼロレベルからHSK5級合格!ムードメーカーNさんです。

西岡亮太.jpg


■自己紹介:
西岡 亮太 上海でスケボーを始めました。 

■ELCを知ったきかけは?
インターネット→問い合わせフォームをほぼ空白で送付。
非常に丁寧なメールが帰ってきた。
(参考までに電話をかけてくる教室もありました。)

■ELCを選んだ理由は?
・授業時間が長いこと。(大学と比べ)
・少人数
・日本人向け
・父の住んでいる上海にあったこと
・メールのやり取りがしっかりしていたこと
・スタートがいつからでもできる

■実際に初めて見て
①初めは単語カードをつくって勉強していた。→CDきいて音読+ノートをみなおす程度に変更
短い時間で効率的に勉強できた。
スタッフのうちにアドバイスをいただき変更。
・分からないところはじっくり聞く
・辞書を常に持ち歩く
・予習と復習+CD
②日式飯店でのアルバイトを通じて会話の連取をした。
③スケボーパークでリフレシュしつつ、中英日が混ざった会話でコミュニケーション
・老師との会話やウェイシン・ライン

■即答!いち押しポイント
①このプランで受講したからこそ!
全日制だからこそ短期間で大幅な成長ができた。同学と仲良くなれた。

②大学じゃないちいさな学校で受講したからこそ!
分からないところはじっくりきける。クラスメートと仲良くなれる。
ワガママ相談を聞いてくれる。気にかけてください。
お盆などの期間は特にビジネスマンの方とも話ができます。

③(図々しくも)ELCだからこそ!テヘ^^
スタッフ、老師、みんないい人!!
HSK前に愛のムチを与えられる。とにかく人が良かった。
同学も、先生の質も!!

■最後に一言、じぃ~くり考えて、中国の好きなところを教えてください。
ストレスフリーなところ。特に上海は国際都市なので、色々な方に出会えます。
(県人会、大学OB会、留学生の集まり等)+フマから、分職さがしも可能。
特に、キッチリしている他人に気をつかうという日本のいいところは逆に悪いところにもなり得るのではと感じた。
同じような人ばかり的感覚。
日本と異なり恥ルールがほとんどないので、やりたい事をやりたいだけいつでもどころでもできます。
中国上海きて、好きになりました。


元気いっぱいなサーフィン娘!Yさんです。

山田真生.jpg


■自己紹介:
山田 真生 女 旅行・サーフィン 

■ELCを知ったきかけは?
インターネット

■ELCを選んだ理由は?
時期的にちょうど良いコースがあったこと。

■実際に初めて見て
2ヶ月コースを最後の1ヶ月だけの参加だったので、
はじめの2週間はついていくのに、必死でした!

■即答!いち押しポイント
①このプランで受講したからこそ!
少人数だからこそ楽しく切磋琢磨できた。

②大学じゃないちいさな学校で受講したからこそ!
幅広い年輪層の方に会って知り合える。

③(図々しくも)ELCだからこそ!テヘ^^
②と同じ

■最後に一言、じぃ~くり考えて、中国の好きなところを教えてください。
食べ物屋さんが多く、食べるものには困らないところ。
人が多いところ。


おっとりした料理上手な奥さま!Nさんです

中村さえ子.jpg


■自己紹介:
中村さえる 女 お菓子作り 
全日制入門コース

■ELCを知ったきかけは?
HPを偶然見かけて。

■ELCを選んだ理由は?
他の学校にも問い合わせをしたほうがいいのかなと思いましたが、
ELCへ問い合わせたところ、すぐに返信いただけたこと、
返信内容が丁寧だったので、他の学校へは特に問い合わせはしませんでした。
授業の体験もたくさんさせてもらえたので、
授業の様子を詳しく知ることができ、安心しました。

■実際に初めて見て
けっこう速いスピードで授業が進むので、復習、予習が大変でした。
授業で習ったフレーズや単語、文法を家族に言って見たいすると、
家族から「へえー、面白いね」と言ってもらえるので、
家での復習、予習のソフレッシュになりました。
単語を覚える方法として、漢字だけでなく、
ピンインも必ず一緒に覚えるようにしていました。
そうすると、四声や発音を間違えにくくなりました。

■即答!いち押しポイント
①このプランで受講したからこそ!
グループレッスンなので、会話の練習がたくさんできました。

②大学じゃないちいさな学校で受講したからこそ!
クラスメイトの人たち1人1人と話せるので、距離が近く感じられ、励みになりました。

③(図々しくも)ELCだからこそ!テヘ^^
絶対中国語を話せるようになりたいと思う気持ちに応えてくれる授業があり、
先生がいます。

■最後に一言、じぃ~くり考えて、中国の好きなところを教えてください。
食べ物屋さんが多く、食べるものには困らないところ。
小籠包や餃子など、日本でもなじみのあるものが手頃な値段でたくさん食べられるし、おいしい。